会社の車両の燃料経費事務処理の簡素化

事業で使用する自動車の燃費を考える上で、車種の選択は頭がいたい問題です。
実際わが社の営業用車両のほとんどがトヨタの車ですから、その車の中での選択となります。
自家用で運転している車での話とあればトヨタやホンダのハイブリッドよりも、
マツダのクリーンディーゼル+MT(ミッション)という車両がいいだろうと思いますが
会社で使う業務用車両がAT(オートマ)の場合フィットかアクアの方が燃費が良いでしょうし。

駆動システムの違いもさることながら、営業用の自動車や配送車両、大型のトラック、
社用車の台数が増えていくに連れて、ガソリンや軽油の消費量と給油量がうなぎのぼりに増えているのも現実。
少なくともガソリンカードを社用車に導入しなければ、社員数も多いために燃油経費の把握すら難しい状況です。
ガソリンスタンドからの領収書を経理で月末に合算するだけでも事務処理に大きな負担になって、
女子事務社員が処理に困っていたのが、給油専用カード 法人を活用するきっかけになった出来事でした。

この社員が使っている社用車はプラグインハイブリッド車で、
モーター走行の電気だけで走っている分も含めた実燃費だと、かなりガソリン代の節約になります。
車両価格は350万円ほどかかったとしても、頻繁にガソリンを給油しないで業務に使えますし、
購入時は補助金も出るので、今後は社用車としてどんどんこういった燃費のかからない車両を
リースなり購入なりで検討していくほうが、減価償却上もコスト減になると考えています。

現行では給油の際の法人カードの管理は会社で行っており、従業員単位では渡していませんが、
今後車両ごとに法人ガソリンカードの割り当てを行い、社用車を使用する社員が管理を行い、
燃料の給油と支払いを割り当てた社用車のガソリンカードで決済していく形にしていこうと思っています。
月末の経理処理の負荷を大幅に減らすことも今回の会社の車両の燃料経費事務処理の簡素化に
一役買っている社内改革になると考えております。