いびきの抑制と無呼吸症状の軽減に

昼間は仕事でストレスと疲れを溜め、それを回復するための就寝も、
夜中に自分の鼾と無呼吸症状で、その熟睡が妨げられてしまう。
私はこの頃、朝起床する時間からすでに疲労困憊している。
鼾や、それにともなう無呼吸症候群SASは体全体に負荷が大きく、
脳への悪影響も危惧されているくらい、深刻な生活習慣病だと思う。
鼾にしろ呼吸が止まるにしろ、何しろ眠っている間のことだから、本人に自覚しにくい。
ちなみに私は、メタボリック体型ではなく、それなりに体はしぼっており、
運動はこまめに行っているのだけど、年齢を感じる場面は増えた。

特に鼾が大きくなっているのは、やはり季節の変わり目や、
仕事で生活習慣が不規則になったり、飲酒量が増えたりして、
身体的・精神的に疲労が蓄積しているときが多い。
昔から低めの枕で就寝していることもあり、仰向けの寝相のまま
朝まで眠っていることが多く、自分がいびきをかいているなどと思ったことがなかった。

朝から疲労が抜けていないので疲れ方がひどく、医者に相談してから
無呼吸症状と鼾の改善を意識するようになった。
今後、無呼吸症状がすすむようであればCPAPの使用も検討するのがいいと
いわれたものの、やはりあれだけ大掛かりな医療器具を装着して眠るのは
いささか気が引けるし、出張時のビジネスホテルなどの出先での使用は無理だ。
色々考えた挙句ナステントという鼾抑制に効果がある一般医療機器を使っている。
ナステント 再利用できないのがデメリットだが、今のところこれを出先の宿での就寝時に
装着することで、翌朝の疲労が軽くなっているので、就寝時の呼吸の気道確保が出来ていると思う。
これなら就寝する際に、寝返りして横向けにもなれるし、
いびきの抑制と無呼吸症状の軽減にも役立つ感じだ。