天気が激しく崩れると

低気圧で頭痛くなるタイプなので、天気が激しく崩れると私の体調もつられて崩れちゃいます。
気圧が低い時のむわーんとした頭の痛さで食事を簡単なものにしておなか壊して……と言う風に天気から連続して体調悪くなったりすると本当に凹みます。

天気がいい時は良くなるかと言うと話は別なんですけれど、天気良くって空気が気持ちいいとそれで気分は良くなりますね。
気分が良い状態は体調にもつながるって聞きますけど、悪くなったときは分かりやすいのによくなったときとか、良い状態が長続きしているときってそれが分かりづらい気がしています。
幸せはなくしてみるまで気づかないっていうのはどっかで聞いたことあったんですけど体調もそうなんですね。

そう考えると、たまーに天気で体調崩れるイベントはあったほうが良いのかなとちょっと思いました。
時々風邪ひいたり頭痛くなったりして「健康な状態でいたい」と思ったほうが毎日元気に生きてくれてる自分の体に感謝できそうで良いですね

直売所

農協などの隣に立っている野菜直売所みたいなところありますよね。スーパーなんかよりも、安くて新鮮な野菜が買えるのでよく行くんです。スーパーで買ったら158円の小松菜も、100円で買えてしまうという、本当に主婦の味方ですね。普段と同じように、野菜コーナーで、あれもいいなぁこのじゃがいもでっかいなぁとかわくわくしながら野菜をながめていたら、まあるいえんどう豆がビニール袋にぎっしり入った状態で売られていました。私は、確信しました。今日の晩御飯は豆ごはんになるだろうと!豆ごはんって結構簡単なので好きなんです。だって、お米といで、お酒少しいれて分量通りのところまで水いれて、塩いれて豆入れて炊飯ボタンをぽちっと押すだけなんですもの。塩を入れすぎたり水の分量を間違えたりしなければ、だれでも美味しくできる料理ですね。包丁とか一切いらないし。洗ってポンですよ。晩御飯には美味しい炊き立ての豆ごはんにありつけました。ごちそうさま。

手持ちの現金を気にせずに

皆さんは普段のお買い物は現金派でしょうか。それともクレジットカード派?
どちらも一長一短あると思いますが、私は買い物だけでなく色々な支払いに
クレジットカードを便利に活用しています。
一応、海外での利用専用のカードなど複数のクレジットカードを作ってはいますが、
クレジットカードが【即日発行】メリットとデメリット
ポイントをためてグッズや商品券に交換するのが大好きなので、
ポイントが分散しないよう基本的に普段使うカードはひとつに絞っています。
千円以下の買い物でも小銭を出すのが面倒なのでしばしばクレジットカードを使うのですが、
しかしながら現金で支払う通常のレジより処理の時間がかかるので、
あまりに自分の後ろに会計待ちの人が並んでいる時は
小額会計にクレジットカードを出すことを流石に躊躇してしまいますが…。
クレジットカードといえば「買い物」のイメージが強いかと思いますが、
買い物以外でも使えるところではカードを利用しています。
例えば歯医者さんで診察料を支払ったり、美容院でもクレジットカードを使ったり。
意外と少なくない金額ですので、ポイントもほくほくです。
手持ちの現金を気にせずに買い物が出来るのはクレジットカードの大きな魅力ですが、
やはり使いすぎには気をつけて計画的に利用したいですね。