会社の車両の燃料経費事務処理の簡素化

事業で使用する自動車の燃費を考える上で、車種の選択は頭がいたい問題です。
実際わが社の営業用車両のほとんどがトヨタの車ですから、その車の中での選択となります。
自家用で運転している車での話とあればトヨタやホンダのハイブリッドよりも、
マツダのクリーンディーゼル+MT(ミッション)という車両がいいだろうと思いますが
会社で使う業務用車両がAT(オートマ)の場合フィットかアクアの方が燃費が良いでしょうし。

駆動システムの違いもさることながら、営業用の自動車や配送車両、大型のトラック、
社用車の台数が増えていくに連れて、ガソリンや軽油の消費量と給油量がうなぎのぼりに増えているのも現実。
少なくともガソリンカードを社用車に導入しなければ、社員数も多いために燃油経費の把握すら難しい状況です。
ガソリンスタンドからの領収書を経理で月末に合算するだけでも事務処理に大きな負担になって、
女子事務社員が処理に困っていたのが、給油専用カード 法人を活用するきっかけになった出来事でした。

この社員が使っている社用車はプラグインハイブリッド車で、
モーター走行の電気だけで走っている分も含めた実燃費だと、かなりガソリン代の節約になります。
車両価格は350万円ほどかかったとしても、頻繁にガソリンを給油しないで業務に使えますし、
購入時は補助金も出るので、今後は社用車としてどんどんこういった燃費のかからない車両を
リースなり購入なりで検討していくほうが、減価償却上もコスト減になると考えています。

現行では給油の際の法人カードの管理は会社で行っており、従業員単位では渡していませんが、
今後車両ごとに法人ガソリンカードの割り当てを行い、社用車を使用する社員が管理を行い、
燃料の給油と支払いを割り当てた社用車のガソリンカードで決済していく形にしていこうと思っています。
月末の経理処理の負荷を大幅に減らすことも今回の会社の車両の燃料経費事務処理の簡素化に
一役買っている社内改革になると考えております。

ETCカードで支払うと本当に得です。

私は、ETCカードを利用して普段から高速道路を使っています。
高速道路のお支払においては、ETCカードを活用すれば現金を持っていなくても利用できますし、支払いの際にわざわざ財布を取り出してそこからお金を出して係員の人におつりを受け取るといった手間も無いので、時間の節約にもつながると感じています。今はインターネットからカードを作ることが可能で、
ETCのレーンを使うことが出来れば一度も止まらずに料金所を通過することが出来て本当にスムーズなので、初めてETCカードを持った時には感激しました。
ETCカードはその都度料金を払わなくて済むので、手持ちのお金を気にせずに高速道路に乗れてうれしいです。
また、ETCカードによっては持っているだけでガソリン代が値引きになることもありますし、使った金額に応じてポイントを貰うことが出来るのがありがたいと思います。
私はよく高速道路に乗って長距離のドライブをするということもあって、たくさん高速道路の料金を支払うのでポイントが良く溜まります。
貯まったポイントで好きなものに引き換えたり、得をしています。
また、ETCカードを使ってお支払いをすると、割引が受けられる制度がある高速道路も多いです。
時間帯や曜日によって割引があったので、現金払いではなくETCカードで支払うと本当に得です。

手持ちの現金を気にせずに

皆さんは普段のお買い物は現金派でしょうか。それともクレジットカード派?
どちらも一長一短あると思いますが、私は買い物だけでなく色々な支払いに
クレジットカードを便利に活用しています。
一応、海外での利用専用のカードなど複数のクレジットカードを作ってはいますが、
クレジットカードが【即日発行】メリットとデメリット
ポイントをためてグッズや商品券に交換するのが大好きなので、
ポイントが分散しないよう基本的に普段使うカードはひとつに絞っています。
千円以下の買い物でも小銭を出すのが面倒なのでしばしばクレジットカードを使うのですが、
しかしながら現金で支払う通常のレジより処理の時間がかかるので、
あまりに自分の後ろに会計待ちの人が並んでいる時は
小額会計にクレジットカードを出すことを流石に躊躇してしまいますが…。
クレジットカードといえば「買い物」のイメージが強いかと思いますが、
買い物以外でも使えるところではカードを利用しています。
例えば歯医者さんで診察料を支払ったり、美容院でもクレジットカードを使ったり。
意外と少なくない金額ですので、ポイントもほくほくです。
手持ちの現金を気にせずに買い物が出来るのはクレジットカードの大きな魅力ですが、
やはり使いすぎには気をつけて計画的に利用したいですね。